スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
レスキュー報告
- 2008/05/07(Wed) -
ともちゃん☆彡さんから、訂正&加筆のご連絡がありました。
以下、ともちゃん☆彡さんのブログの転記です。
ご協力よろしくお願いします。

A.P.LKOBEの代表Mさんからお話を伺いました。

訂正&加筆がありますので報告します。

シェルティとプードルのブリーダー崩壊の連絡を受け
保護に向かった 「動物小さな命の会」のHさんは1人で活動されてます。

初めの連絡ではシェルティ17頭とプードル16頭だったのが
後からシェルティ9頭追加、保護直前にプードル12頭売却済みが判明。
残りのプードル4頭も買い取らないと手放さない様子だったので
とにかく早く保護する為にと結局、買い取りました。

しかしながらHさんの保護許容範囲を超えていたので
Hさんから連絡を受けた A.P.LKOBEと姫路の保護団体との
3軒で共同の保護活動する事になりました。

頭数が多いため A.P.LKOBEはサイトを立ち上げて
ネット上でも募集をかける事に。

Hさんは私が知り合いだというのを良い意味で捉えてられたようで
お話の内容にずいぶん気遣いがありました。

Mさんには ただの知り合いでブリーダーの事はどうでもよい、
ただ犬が心配なだけな事を伝えると全てお話して下さったのですが
ここでは書けない内容も出てきて絶句・・・

高齢犬は思い入れがあるから飼い続けると言い張るブリーダーに
「維持費は?フィラリアやワクチンの費用はどうするの?」と聞くと

「そんな費用は無いから出来ない」と平気で返答してくるブリーダー。

動物を何だと思ってるんだと憤りを感じたMさんは
それならば 全ての犬を保護するべきだと考えておられるようです。

サイトで里親募集をしている3頭の内 BM牝のシフォンは
里親候補の方が見つかり連休明けにもトライアルに入る予定に
なっているそうです。

保護している犬や猫の里親さんが決定したら
1頭1頭 必ずお家に伺い引き渡す事にしていますが
皆さんはあくまでも ボランティアで本業は別になります。
そのため空いている日しか動けません。

ブリーダーが飼い続けるという高齢犬以外にも
保護しきれてないシェルティがブリーダー宅に残ってます。
ですが 保護いている犬猫がたくさんいる上に 引渡し作業で手が回らず
まだサイトでは公開されてません。

公開されれば また報告させてもらいます。

物資の支援についてお聞きしたところ
今は物資の保管スペースがないほど保護動物がいるので
フード以外の物資支援は少し待って下さいとの事でした。
スペースが出来次第  サイト上で支援物資の募集をする予定です。

また 篠山にある保護施設はかなり老朽化が進んでいるのと
通うには不便なため 現在 別の場所への移動する話が進行中です。
ただ 土地はあっても 施設建設等に費用がかかります。
出来れば支援金をお願いしますとの事でした。

支援金の振込み先はサイトに掲載されています。
今のところ郵便口座しかありませんが 手が空き次第 
銀行口座も掲載予定になっています。

まだ残っているワンコ達のためにもご協力をお願い致します。


A.P.LKOBE


にほんブログ村 犬ブログへ

この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<テプラのテープ | メイン | ドボン>>
コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://blancheneigeshelties.blog56.fc2.com/tb.php/305-62ac2785
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。