FC2ブログ

ももの闘病記録 Vol.5 (血管肉腫)

次の目標は、桜のお花の下で写真撮影!
もう、なんか、お誕生日も迎えて、ももさんはまだまだ大丈夫なつもりでいました。

140423b-1

ところが、2月22日夕方にさしかかる頃、ももさんが腰から砕けるように座り込んでしまって、
動けなくなりました。息もはぁはぁしてます。
何かあったら電話するように言われていた漢方の病院に連絡したところ、
すぐにかかりつけの病院に行って処置してもらうよう指示されました。

歯ぐきを見たら真っ白。完全に貧血を起こした状態です。
血液検査とエコーを見て、かかりつけの先生は漢方の先生に連絡を入れてくれ、
治療方針の合意をしました。実際には末期がんのターミナルケアでしかありません。

そのときでも、私は、ももが死んでしまうなど全く思っておらず、電話を替わってもらい、
漢方の先生にもう明後日で薬がなくなるんだけど、送って欲しいとのんきなことを言っていました。
漢方の先生も、ともかく様子を見て・・・と言いながらも、私がしつこくもう薬がなくなるんです
って言い続けたので、「とりあえず1週間分送ります、余ったら・・・」と言いかけて、
自分が残酷なことを言ってることに気づいたようです(実際には、奇跡の復活を遂げて、
まだ4週分ずつの次の薬を送ってもらってるんですけどね)。

また、腫瘍が破裂して、腹腔内出血を起こしてるようで、ステロイドと止血剤を点滴してもらいました。
とうとうエコー検査をせざるを得なかったのですが、やはり肝臓への転移がかなりあるようでした。
画像を見なくても、先生はもう分かっていたのでしょう。
「できることは何でもするので、何かあったらすぐ連絡下さいね」とのお言葉をかけて下さいました。

かかりつけの先生の心配は、DIC(播種性血管内凝固症候群)を起こすこと。
もちろん、ももの容態としての心配もして下さってたのですが、
DICによってももが血を吐いたりして壮絶な状況になったとき、
私たちのショックが大きすぎるのではないかと心配して下さっていました。

そのまま、ももを車に乗せて家に帰ると、点滴の効果で、ももさんすっかり復活してました。
車から庭に降ろすと、すったか歩いて排尿し、家に入ってからゴハンを置いてみると、ペロリと完食。

ほんとに、タフな子です。また次の日から、毎朝漢方薬を飲んで、
お庭でみんなと遊んだりしながらおだやかに過ごしていくことができました。

140423b-2


にほんブログ村 犬ブログへ

テーマ : シェルティ☆大好き
ジャンル : ペット

コメントの投稿

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

非公開コメントへのお返事

コメントが非公開でメールでのお返事も不可能でしたので、
ここでおお返事しますね。

ご愛犬が脾臓の血管肉腫とのこと、お気持ちお察しします。
いろいろと大変な状況かと思います。

ももが漢方薬を処方していただいてた動物病院です。
愛知県春日井市のハルペッツクリニック
http://www.harupets.com/

ももは、寛解に持ち込むことはできなかったですが、
穏やかに生活することができました。
予約制ですので、一度ご相談されてはいかがですか?
診察を受けて、やっぱりやめておきますってことも大丈夫なようです。

あと、ももの闘病記録は全部読んでいただきましたか?
うちは、こたろぐのこたらふくんのところを参考にさせていただきました。
ちょっと今見つけられないんですけど、闘病記録のどこかにリンク張ってます。

ご愛犬が少しでも、穏やかな生活が続きますように!

ありがとうございます。

早速のお返事ほんとにありがとうございます。
明日電話してみます。
ちゃろ(ミックス)は12歳です。あと3ヶ月で13歳です。 
せめて誕生日迎えて欲しいですが、調子が悪そうだったので今日病院行ったら、既に全身転移してました。
もう何も出来ないそうで、今点滴を打ってます。
昨日までは元気でしたし、2週間前の検診では転移してる様子ではなかったのですが。 
あとどれぐらい残ってるか分からないですが、少しでも穏やかに苦しまず過ごして欲しいです。
闘病日記、全部読ませていただきました。涙が出てきました。
命あるものは、いずれなくなりますが、やはり辛いです。
お気遣い嬉しいです。ありがとうございます。

ちゃろちゃん

ちゃろちゃん、まずは13歳目標ですね。
穏やかな日々がずっと続きますように!
非公開コメント

プロフィール

ポン太-ponta

Author:ポン太-ponta
シェルティ大好き&ワンコ大好き!
日々仕事に追われながらも、楽しくワンコ生活しています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
ブログ内検索
RSSフィード
リンク